レーザー・無痛治療

「歯医者は痛くない、という新常識」 - これまで痛みに悩んできた方、是非ご相談ください -

レーザー治療

虫歯予防と初期虫歯に対する治療効果

エナメル質にレーザーを用いると、エナメル質の結晶構造が変化し 耐酸性が増加 します。初期虫歯にレーザーを用いると、虫歯の進行を抑制し、 再石灰化を促進 します。

又、レーザー照射後にフッ素を適用すると、 フッ素の歯質への取り込み効果が高まり ます。

痛みの緩和と麻酔効果

象牙質知覚過敏症、顎関節症、外科処置後、口内炎、口角炎、義歯による潰瘍など様々な種類の痛みに有効です。又、麻酔の針を刺す時の痛みを和らげる事が可能です。

根管治療と歯周病治療への効果

根管治療の際、従来の治療法に加えさらに治療効果を高める為に補助的に使用します。

歯周病治療の際、 歯石や感染セメント質の除去 歯周ポケット内細菌に対する消毒 ・殺菌効果やエンドトキシンの不活性化、排膿促進、治癒促進を期待できます。

小帯切除や歯肉切除等の外科治療への効果

従来の方法では、メスで切開し縫合を必要としていた症例でも、レーザーを用いる事で多くのメリットを得る事が出来ます。

特に 乳幼児や小児に対する小帯切除 においては、 局所麻酔が不要もしくは少量 ですみ、短時間で 出血もなく縫合する必要もない 為に肉体的、精神的負担が少ない治療法です。

審美治療への効果

歯肉のメラニン色素沈着除去 や、 補綴物によるメタルタトゥー(黒染)を改善 します。

歯を削り印象を採る際に補助的に使用する事で印象レベルを上げる事が出来ます。又、補綴物の接着効果を高める効果もあります。

その他、様々な治療法があります。詳しくは担当医にお尋ねください。

治療費について

治療の際、レーザーを補助的に使用する場合等は、無料で行っております

その他の使用についての詳しい料金はクリニックにお問い合わせください。

ページの先頭へ

無痛治療 - 無痛麻酔の使用

多くの患者様が、「痛いから」という理由で歯医者に行かずに、どんどん症状が悪くなっていきます。

当クリニックでは、限りなく痛みをおさえるための取組みを徹底しています。

細い麻酔針( 33 ゲージ針)

麻酔に使用する針は、細ければ細いほど痛みが少なくなります。

表面麻酔

麻酔の針を刺す歯ぐきに、前もって貼ったり塗ったりする麻酔です。

5 分後くらいに麻酔の針を刺しますが痛みを感じる方はほとんどいません。 いつ麻酔の針を刺したか分からない方がほとんどです。

自動麻酔装置

自動制御により麻酔液注入速度をコントロールします。

麻酔の痛みの原因のひとつは、この注入速度です。ゆっくりと注入できるため、痛みを和らげることができます。

 

レーザーの使用

レーザーを使用することで、麻酔の針を刺すときの痛みを軽減することができます。

従来メスで切開していた外科的処置も切らずに治療できます。

ページの先頭へ

無痛治療 - 3MIX法による虫歯治療

3MIX法とは

3MIX法は、なるべく削らずに、なるべく神経を抜かずに、なるべく歯を抜かずにするための治療法です。

3種類の抗生剤を混ぜ合わせたもの(3MIX)を、虫歯や歯の根の中に入れることにより無菌化を図る方法です。従来、虫歯の治療法の原則は、虫歯の原因菌に侵された歯質を完全に除去しないと、虫歯は再発すると考えられてきました。

しかし、3MIXを使用し無菌化が行われると軟らかい虫歯の部分は再度硬くなり、従来の治療法では削らなければいけなかった歯質を残す事が可能になります。その結果、従来の治療法では歯の神経を取らざるを得ないケースも神経を取らずに済むようになります。

又、3MIX を歯の根に使用する事で、歯の根の中の無菌化を短期間で図れるようになりました。

治療法の一例(神経の近くまで達した虫歯)

  1. 虫歯をある程度取ります
  2. 神経の近くの虫歯は残したまま、虫歯の上を覆うように3MIX をおきます
  3. 虫歯は無菌化され、虫歯の進行が止まります
  4. 通常の詰め物等をして治療を終了します

3MIX法のメリットデメリット

メリット

  • 治療の痛みが少ない
  • 歯を削る量が少なくすむ
  • 歯の神経を取らなくてすむ※神経を取らなければいけないケースもあります
  • 歯を健康に長持ちさせることができる

デメリット

  • 抗生剤を歯に残したままになる
  • 小児や妊婦に使用する場合、少なからず倫理上の問題がある
  • 保険適用外である

注意点

3MIX法は素晴らしい治療法ですが、全ての症例に効果があるとはかぎりません。魔法の治療法では ありませんので過度の期待は危険です。各薬剤は内服薬として厚生省から認可を得ている薬剤ですが、3MIXという薬剤では認可は降りてはいません。その為 に患者さんからの同意が必要であり、基本的には自由診療となります。
詳しくは担当の歯科医師にご相談ください

ページの先頭へ

〒222-0001 横浜市港北区樽町3-2-28 ライフガーデン綱島2F各種保険取り扱い年中無休