CT

「治療において必要不可欠なCT診断。ODCなら無料です。」 - 確実な診断のもとに行われる、確実な治療 -

CTによる画像診断の必要性

インプラント治療の発達とともに、CTはもはや歯科治療において必要不可欠なものとなりつつあります。CTによる画像診断の必要性は、インプラント治療やその他の外科治療では、安全面から考えても絶対必要なものですが、一般的な診療でも必要な症例が多くあります。
保険治療において撮影する事ができる画像診断は、2次元的なX線写真です。
そもそも、目で見る事が出来ない場合に、X線写真で確認し、診断し治療を行うわけですが、フィルムでもデジタル化された画像でも2次元的な画像では、診断をする事が困難なケースが多くあります。
それでも2次元的な画像診断のみで治療を行っている(歯科においての保険診療の現状)のでは、患者様にとっても、私たちにとっても良い治療であるとはいえません。

当クリニックでは、一般治療の際、診断にCT撮影が必要な場合、無料で撮影を行っております。撮影料を無料にする事により、患者様の負担をなくし、確実な診断をもとに確実な治療を行う事を心がけております。

ページの先頭へ

パノラマ画像とCT画像の比較

CASEⅠ 根管治療

パノラマ画像

鼻詰まりや頭痛がするので耳鼻科を受診したが、歯科に行くことを勧められ他院にて治療を受ける。症状が改善せず当院に来院。パノラマ画像では原因がはっきりしない。

CT画像

CT診断により右上7()近心根の根尖病巣が原因で炎症が上顎洞まで波及している事が分かる。その後、根管治療にて上顎洞の炎症も改善し完治。

CASEⅡ 歯根嚢胞

パノラマ画像

前歯の動揺を訴え来院。上顎前歯、根尖部に非常に大きな嚢胞様の透過像がありますが、パノラマ画像のみで嚢胞摘出術を行うには大きさからみて、事前の情報が少なすぎます。

CT画像

CT診断により嚢胞の大きさや位置が正確に分かりますので安心して手術を行う事が出来ます。嚢胞摘出と原因歯の抜歯を行い、人工骨とチタンメッシュにより骨の再建を行った。

CASEⅢ インプラント治療

パノラマ画像

下顎両側にインプラント治療を希望し来院。パノラマによる計測では左下7()相当部位における骨頂部から下顎管までの距離は11,63㎜である。

CT画像

CTによる計測では同部位で10mmである。仮にパノラマ画像だけで判断し10㎜のインプラントを埋入すれば医療事故につながる危険性を否定出来ない。

術後のパノラマ画像
左右ともに安全・確実にインプラントを埋入した。

CASEⅣ 親知らず

パノラマ画像

上下左右親知らずの抜歯を希望し、他院を受診。その後大学病院を勧められたが当院を受診。
パノラマによる診断では、下顎の親知らず()が下顎管と近接している事がわかる。
このまま抜歯を行うと、偶発的な医療事故につながる恐れがある。

CT画像

CT診断により、親知らずと下顎管との位置関係を正確に把握し、安全かつスピーディーに抜歯を行う事が出来た。抜歯後は痛みも腫れも少ない。

ページの先頭へ

〒222-0001 横浜市港北区樽町3-2-28 ライフガーデン綱島2F各種保険取り扱い年中無休